専門学校を卒業して東京へ出るまでの間
ニュータウンという名の住宅街で過ごした
東京では写真が生活の中心で
撮影、プリントを繰り返していた
日本に点在する離島を巡り
根無し草のごとく気ままに暮らした
東京でなくても写真は続けられると
何の根拠もない衝動に従って
奈良の実家に世話になりながら制作を続けた
そして、人生という名の道に標識がないように
縁あって彼女と出会い結婚
新しい生命を授かった

 

 

 

2011年3月6日
僕の実家の近所で、君を迎える場所を探している。すでに10件以上の物件を内覧した。つわりがひどくて、常に何かを口にしている妻が丹念に物件を見て、たどり着いた場所は4階だった。
窓から見える公園の緑が2人とも気に入ってここに決めた。
ガランとした部屋に座る。窓から差しこむ光を見つめ、これからの暮らしを想像した。

 

写真/百々武


PROFILE
1977年大阪生まれ。ビジュアルアーツ専門学校・大阪卒業。自然と密接に関わりながら独自の風習を育んでいる日本の離島を巡る作品を写真集、写真展で発表。2015年、奈良県吉野以南の万物が渾然一体とある風土を撮影した写真集『草葉の陰で眠る獣』を赤々舎から刊行。

撮影地
真美ヶ丘6丁目団地(奈良)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/nara/80_3300.html


# # # # # # # # #


7 days scene

気鋭の写真家やイラストレーターらと団地を訪ねて、撮影&スケッチを行います。その作品は、ほぼ毎日の更新にてご紹介していきます。思いがけない団地の姿に出会えるかも。