2013年8月5日
勤め先の打ち上げで、よく飲んだ。午前0時を過ぎて終電で帰宅。
1日あったことを妻から聞きながら眠ろうとした時に、「やばい、来たかも。陣痛かも」。まだ、酒が残っている僕は使いものにならず、母親に病院へ連れていってもらった。
太陽が昇り始めた頃、息子の誕生に立ち会うことができた。
ついさっきまで2人はひとつだった。生命は綿々と続いている。僕もその途上の1人であることを分娩室で静かに眠る妻と息子を見ながら思う。