アディム(画家)

# # #

#2 新しい空間に馴染む方法

バンドを脱退して画家へと転身したアディムさん。その場に住んでしまうように制作するという、アディムさんのスタイルに迫ります。

#1 はこちら

ー部屋を引っ越したことで、作風も変わりました?

そうですね。以前は暗いトーン、センシティブだったというか。日差しが入らなかった部屋の影響は大きいですね。裸電球の下で描いてましたから。

ー森之宮団地ではどんな風に制作したんでしょう?

団地でも泊まりこんでずっと描いてました。自分の部屋みたいな感じのところで描くのがやりやすいから。描いて2時間寝て、起きたらまた描いて、そんな感じ。

IMG_4651-1

森之宮団地での制作風景

ー過ごしやすかった?

めっちゃ快適でした。その4日間、オレはもう団地の一部になってましたから(笑)。

―新しい空間に馴染む方法ってありますか?

うーん、なんだろ。好きな女の子の写真を壁に貼ったり。

―おー!

写メをコンビニでプリントして貼って。制作でヤバいなーってなってきたら、その写真を見て、ウー!って。

―がんばれる、と?

がんばれます(笑)。

―それは毎回やってるんですか?

いや、いま好きになっちゃったタイミングなので。

―貼っちゃった(笑)?

ケータイをいちいち見るのはめんどくさいので。

cg_DSC_8727-26

―写真を1枚貼ることで空間を自分に寄せていく、と。この展覧会にその女の子は来られました?

はい。描いてるところを想像してかっこいいと思った、って言ってくれました(笑)。

―この展覧会の会場はかなりの音量で音楽がかかってますよね。いつも好きな音楽をかけて?

そうですね。制作もいつも音楽聴きながら描いてますね。音楽は重要です。森之宮団地で描くときに聴いてたのは…カーペンターズ。カーペンターズのこと、嫌いなひといないですよね、救いしかない音楽というか。超・幸せ。

―今後の制作の目標とかありますか?

公共物に描きたいですね。いろんなひとに見てもらいたい。看板とか。みんなが知らない間にある、みたいな。団地まるごと塗りつぶすとか。ヘリコプターからペンキをかけて。それはぜったい楽しいと思う。

DSC_8802-53

―最後に、住む場所へのこだわりは?

うーん、やっぱり東京が好き。東京で勝ちたいな、と思いますね。でも大阪に来るといつもいいなと思います。めっちゃ感情的というか、心が強いなと。東京のひとは冷静だし。

―ちなみにサンパウロは?

みんな踊ってるだけ(笑)、だと思います。

 
文:中村悠介 写真:平野愛 編集:竹内厚


INFORMATION
音楽スタジオ「MUSIC COMMON CAVE MORINOMIYA3-216」
●UR-DIY部が森之宮団地3号棟216号室に設置。防音室は4畳、楽器練習やカラオケなどが楽しめる。この防音室のデコレーションをアディムが担当。なお利用は森之宮団地、森之宮第2団地に住まう方に限定され、1時間240円。

DSC_7618-1

UR-DIY部ブログ
http://blog.ur-net.go.jp/kansai-diy/2015/smun26000000147k.html

FACEBOOK
https://www.facebook.com/urdiyproject/


THE BORROWERS

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。