5.台所は料理だけの場所じゃない

入り口の扉を開けると台所が正面に見える。磨りガラスの窓があり、外の光が入りこむ。
そんなBIOMANの住まいには洗面台がない。必然的にお風呂以外の水回りすべてを台所が担うことになる。
歯を磨くのもここ、顔を洗うのもここ。最近では、煙草を吸うスペースも台所だそう。

―ちなみに、髪を洗ったりは?

BIOMAN:お風呂のシャワーはお湯が出ないのに、台所の湯沸かしはお湯が出るんで、たまに頭を洗いたくなるけど、さすがに…。

いろんなスペースを兼ねる台所だけに、用途の違うものが渾然一体となってゴチャゴチャとしがちだけれども、そうさせない工夫がいたるところに目についた。

シンクの上にはコップや歯磨き粉といった小物を置いておくために作られた小さな棚。そして、冷蔵庫とシンクのわずかにあったデッドスペースには、常温保存ができそうなものを置くための棚。台所から玄関へと続く通路の頭上には、洗濯洗剤などが置けるようにと、横長の棚。そして、その下には、タオル掛けまで。
それらすべてが合板材や杉で作られている。つまり、すべてお手製。オシャレのためというよりも、シンプルに自分の住みやすい空間を作っていくための当たり前のDIYだった。


 
6. キッチングッズ3選へつづく

*目次に戻る


THE BORROWERS

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。