5.母と娘のお気に入り

土井家のキッチンは、一般的な集合住宅のキッチンよりも少し広く、キッチンがひとつの部屋となっている。数人立っていても決して邪魔ではないくらい十分な広さがある。そんなキッチンにひときわ大きな白いキャビネットがある。

コマキ:この家に越してくる前は、母も私も一人暮らしで、そのころ母が使っていたのがこの食器棚です。なんでこんな大きなのを買ったのかはわからないんですけど、絶対に持っていきたいと母が言うので。私の趣味とは全く違うんですが(笑)。母のこだわりはこの食器棚とゴミ入れです。それも、なんでかはわからないんですけど。

そんなキャビネットには、コマキさんのお気に入りも数多くしまわれていた。

National(現・パナソニック)のおしゃれ一人暮らし用家電。そのシリーズのもので、「ある音楽事務所の大阪オフィスがなくなった時に、いらないというのでもらいました」とコマキさん。

アラビアの器と備前焼。丼にもなるし、粕汁などを入れる茶碗にもなる。「深みのある形がとても好きなんです。ラーメン鉢よりも少し小さいというのが、好きみたいです。サラダにも使えますし、そうめんも入れます」。

コマキさん曰く「炊飯器が壊れて買い換えようと思ったら、思いのほか高かった。その時、ホームセンターで土鍋をはじめて買って使ってみたら美味しくて。貧乏が功を奏した、というか」。

土井家でヘビーローテーションとなっている象印製の炊飯器。土鍋より美味しいとコマキさん絶賛。「(玄米を炊くのに)コツいらん」そうだ。

ダイヤメゾンの一人用アルミ鍋。「すぐに湯が沸くし、気軽なんですよね。錆びないし。熱伝導率がすごくいい。すぐ沸くけどすぐ冷める。サイズも一人分を作るには最適なんです」。

まな板。「小豆島で材木業をしている知り合いが、他の友達に端材で作ってあげていて。それを聞いて、『いいなぁ』と言い続けていたら、いただけて(笑)」となんともありがたいエピソード。正方形が使いやすくて気に入っているそうだ。

キャビネットの下段には、ダイヤメゾンで購入したアルミのカゴも。「一度にたくさん買ったので何に使うの? って不思議がられました(笑)」。

 
6.オリジナル割烹着へつづく

 

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。