6.オリジナル割烹着

私が割烹着の魅力に気づかされたのは、男性もののシャツをリメイクして割烹着にしている作家・日々譚(https://hibitann.exblog.jp)の割烹着を見せてもらってから。それ以来、いわゆるおばちゃんが使いそうな割烹着ですら、私の中ではいいものに見えてきた。エプロンも好きだけれど、割烹着の家っぽさ、安心感もとてもいいものだと思う。

土井さんは、昔から割烹着派とのこと。

コマキ:調理中に汚すので、私はずっと割烹着なんです。それを見て、母も割烹着が欲しいと。それで、ふたりとも割烹着をつけています。若いときから割烹着って可愛いし、安いし。
この割烹着は、DJみそしるとMCごはんと番組イベントをやった時に、レトロ印刷ジャムさんが印刷してくれました。ベースは楽天の通販で買った割烹着で、特別なものでもない。つけてない時もありますが、つけといたらよかった~と思ったことはしばしばです(笑)。

男性用の割烹着でいいものがあれば、ぜひ、紹介してほしい。

イラストレーター・鈴木裕之の作品をプリント。

 
7.キッチンの余白の話へつづく

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。