6.インド系の何でも屋

石濱さんは、15歳からシタールを始め、インドへ修行に。
そこでベンガル料理を教わり、その後、自らのイベントでシタールを演奏するだけでなく、料理も振る舞うようになって、その経験もすでに100回を超えた。いまではシタール奏者として活躍するだけでなく、ベンガル料理教室を開くまでに。

ほかにも、ベンガル語の通訳、ラジオのパーソナリティと、シタールからはじまったことが、さまざまな仕事を生むようになった。

石濱:最初はミュージシャンを名乗っていたんですけど、今となっては何屋か分からなくなってきて。”インド系の何でも屋”って呼んでいます(笑)。

そんな石濱さん。最近では、サリーをモチーフにエプロンも作ってみたという。エプロン文化のないインドでも生産を試みたところ、「ダンスチームで使うものやな」と誤解されたそうだ。

 
7.インドで料理をつくってきたからへつづく

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。