3.日々の模様替え

北浦家では、毎日のように模様替えが行われる。
うつわや小物のしまう場所、飾ってある置き物の位置が変わるのは日常茶飯事で
ダイニングテーブルの向きや位置まで変わる日も。

和也:昨日も帰ってきたらテーブルの向きが90度変わっていて、
片付ける場所もよく変わるので、あまり触らないようにしています(笑)。

麻美さんのアパレルという仕事柄、
ディスプレイを変えることが染み付いているのか、気分によって変わるレイアウト。
落ち着くために変えずにいる暮らしがあるように、
気分がスッキリするように変えていくのもまた、その家の暮らしぶりなのだろう。

木彫り作家である和也さんの作品。子どもが生まれた年から、干支の木彫りを始めたそう。家で見かけた和也さんの作品はこれくらい。意外に少なかった。

4.名前のない料理へつづく

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。