8.一軍と控え

今、勤務しているお店で働き始めたころ、
うつわや調理器具に興味を持つようになったという麻美さん。
店で出会った陶芸作家のうつわなどもよく購入するそうだ。

どれをとっても気に入って買っているけれども、頻繁に使うお皿はやはり決まってくる。
最近は、大きなお皿に盛り付けて、個々に取り分けることが多いそう。
子どもが同じように食べるようになってきたら、
それぞれ別々のお皿に盛り付ける方がいいのかどうか悩み中だとも。

こちらが一軍の引き出し。たしかに、使いやすそうで面構えのいいうつわが多く見える。

引き出しの上段には、よく使う一軍のお皿。
お茶碗や取り分け用の小皿と少し大きめのお皿が入っていた。
その下の段には、楕円のお皿やグラス類といった控えのうつわが。
一軍に固定したものも数多いけれど、
インテリアの模様替え同様、引き出しの上下を行き来しているうつわもあるそうだ。

こちらが、やや出番が限られている控えの引き出し。

9.冬アイスへつづく

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。