2. 台所の真後ろにある小さな穴

木村家の台所に立つと、その真後ろの壁には、四角い小窓のような穴が開いている。
引っ越し当初、当時まだ小さかった子どたちの部屋での様子をちょっとのぞき見るために開けたそうだ。
子ども部屋の扉を開けなくても、
「ご飯できたよー」
「はーい」
なんて言うやり取りを想像するだけで、幸せな気分になってくるのは、私だけではないはずだ。

今となっては、子どもも大きくなって、そうした用途では使っていないそうだが…

緑:この小窓って東側に向かって空いているので、朝、キッチンに立っていると風と光が入ってくるんですよ。それが、結構良くて。

と、期せずして台所に立つことが心地よい時間になっている。

 
3. 足るを知るへつづく

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。