3. 足るを知る

「知足者富」とは、老子の言葉。
足るを知ることは豊かになること、という意味で緑さんのキッチンは、まさにそれ。

緑:広くなると、たぶん余計な物まで買ってしまうと思うんです。
使わない物が増えていくのも、何がどこにあるか把握できないのも、嫌いで。
だから、買い物をするときにもまずどこに仕舞うかを考えてから買います。

撮影用だからではなく、普段からこのすっきりした状態。

ガスレンジは業務用。魚焼き用グリルは使わないのでこの家にはない。

ふと自宅の台所を思い浮かべてみた。
確かに、ここになくてもいいものが机の上に出ていたり、月に何度使うかわからない代物が、目立つところに居座っていたりする。
理由は特にない。
強いて言えば、そこにスペースがあるからだろう。

でも、わかってはいても実行に移すのは難しい。
極端な超整理術的な思考ですべてを捨てていくのにも、拒否反応が出てしまう。

現状や自分を知った上でできあがるキッチン、それが緑さんの理想の居場所なのかなと思う。

 
4. 炊飯器はもう要らないへつづく

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。