9. 台湾の冬瓜入り角煮

「スープやルーロー飯が得意だ」というりんりん。
今回は、少し前に冬瓜を友達にもらったということで、それを使った台湾風角煮を作ってくれた。料理上手で料理好きの彼女には、台湾料理を作って欲しいという友達からのオファーが多数あるよう。

 
○台湾の冬瓜入り角煮

1
ねぎ(緑の部分のみ2本分)、しょうが(1かけをスライス)を水に入れて火にかける。
2
豚バラ肉を少し大きめの一口大に切り分ける。
3
冬瓜も豚バラ肉と同じくらいにカットし種を取り、皮をむく。

4
1のお湯が沸いたら、お酒を少量加える。

5
再度沸騰したら、お肉を入れる。

6
火が通ったらお肉を取り出して、氷水で冷やす。

7
鍋に油を引いて、生姜、ネギを炒める。

8
香りが出てきたら、湯がいた豚肉を入れ、冬瓜を加える。

9
焼き色がついたら水を具材がかぶるくらいまで入れる。

10
冬瓜がやわらかくなってきたら八角を入れてさらに煮込む。

11
お肉も柔らかくなってきたら、麺つゆを加える。

12
さらに煮込んでお肉と冬瓜の味がちょうど良くなったら炊飯器に移す。

13
炊飯器でさらに煮込み砂糖、醤油で味の調整。

14
刻んだパクチーを乗せて出来上がり。

彼女の料理を見ていて楽しい気持ちになった。それは、彼女の調味料がすべて目分量だったから。適当といえばそうに違いないのだけれど、その分、彼女は何度も味見をしていた。
麺つゆを入れて味見、醤油と砂糖を入れて味見、炊飯器に入れてしばらく経ったら味見。
そうして出来上がった角煮は、薄味だけれどしっかり味がしみている。ひとり暮らしでも家庭の美味しさにあふれていた。

文:松村貴樹 写真:香西ジュン 編集:竹内厚

 

*目次に戻る


THE BORROWERSとは

借り暮らし、貸し借り、賃貸にどんな可能性がひそんでいるのか。多彩に活躍する方々へのインタビュー取材を通してその魅力に迫ります。いいところ、大変なところ、おもしろさ、面倒くささ…きっといろんなことが浮かび上がるはず。