#

 


京都・四条大宮の壬生坊城第二団地1棟1階にある喫茶店の店主。日常と非日常の狭間のような空間であり続けるために日々精進しております。
http://www.instagram.com/uzu_beverage/

4月29日(日)

no plan GW。ひとまず午前中は定休日の店内で洗い物や洗濯など。その横で宿題したり、時々外で自転車乗り回している娘9歳。何処にも行けないGWと思っているっぽい、顔が曇っている。「とりあえず駅に行って、来た電車に乗ってみよっか?」と話しかけると、店から徒歩5分ほどの自宅にすっとんで行き、荷造り完了して戻ってきた。ということで、初めまして岐阜県大垣市、到着、散歩。なんと広々と、風と水が気持ち良い街だろうか~。ヒトツバタゴという植物を初めて見ました。

4月30日(月)

大垣にはビジネスホテルがいくつかあって当日でも泊まれた。旅先の娘はとても早起き。今日はここから近いし養老天命反転地に行こう、あそこは面白いよ、と話しながら大垣駅に到着。養老鉄道の改札、人たくさん、急遽変更、樽見鉄道というのがあるそうだ、そちらに乗ろう。一両編成で渓谷をゆっくり進む。終点から送迎バスが出ている温泉に入って、その横の公園の芝生の丘をごろごろ転がって、混雑とは無縁のGWを堪能しました。

5月1日(火)

小学校はカレンダー通り。店はGW中10時~18時の短縮営業。しかも本日は家庭訪問です。娘は店から登校して行き、放課後は店に帰ってきてカウンターで宿題をし、時間があれば店のある団地の広場で遊ぶ日々。なので、家庭訪問も毎年先生には店に来て頂く。毎年のことだが先生が来てもじもじする娘が一番の見所。
1日…何か大切な日じゃない…? 映画の日だ!(映画大人1,100円!)短縮営業のおかげで間に合う上映に「グレーテスト・ショーマン」が。「批評ばかり書いて劇場から笑いもせず出てくる劇評家よ。偽りの存在はどちらかな?」というセリフが好きだった。

5月2日(水)

GWっぽいな、店のお客様が初めてお見かけする方、遠方からお越しの方が多いです。「居心地よくて寝ちゃいそう」とよく言われるのが、とても嬉しい。家の居心地の良さ(日常)と、旅先の緊張感(非日常)が同居したような空間であり続けたい。明日は朝6時45分頃の新幹線で娘が父親(私の元夫)の住む街へ向かうので、二人とも早々就寝。

2018年4月1日にスタートしたリレー日記です。1週間単位でさまざまな方に暮らしの日記を執筆いただいています。

カリグラシコラム

そのことを仕事にしている人もいれば、普段の暮らしの中でモヤモヤとした思いが浮かんでいる人もいる。借り暮らしにまつわる意見や考えを、さまざまな人たちが自由なスタイルで綴ります。