# #

 

大学進学で地元を離れて以来、ずっとシェアハウス暮らし。シェアハウス歴は約9年、今のシェアハウスには6年ほど。大阪在住。

2月3日

今年に入って初の一大イベント、星野源のドームツアーへ友人と。約3年ぶりの源さん。ドームは初めてなので遠くて見えないかなーと思ったけど、大阪城ホールで見た感じと変わらず、意外と近いやんと思った。源さんが演出などを考える際、配慮してくれたのであろう。他にも来た人を楽しませる、これまで見たことのないような仕掛けがたくさんあった。アイデアが浮かぶ事、それに挑戦する事、挑戦し成功している事にすごさを感じる。演奏者達とライブ・音楽を楽しんでいる姿にわくわくした。
ライブが終わり、友人となんばでご飯。星野源の話や、世の中との向き合い方についての話。クソみたいな世の中と源さんが言ってる、という友人の言葉が心に残った。源さんは、みんなが嫌うものが好きでも、みんなが好きなものが好きでもそれでもいいのよ、とも歌っていたな。楽しくて、あっと言う間に終電の時間になり、急いで駅へ向かった。
家に帰ると、部屋のドアノブに源さんのライブで飛んでいた金テープが蝶々結びされていた。シェアハウスの住人もライブに行っており、私が昔から星野源好きであることを知っていたので、巻いていてくれたようだ。その住人と洗面所で会い、ライブの感想を語り合った。最高の1日だったな。

2月4日

中村佳穂を何度も聴く。声も音楽も心地よく、やみつき。アルバム「AINOU」は1曲目から爆発的に始まり、ひと耳惚れした。好きなアーティスト達の好きな要素がぎゅっと詰まってて、唯一無二の存在。YouTubeにFUJIROCKでのライブ動画もあがっているが、話す声も歌ってるみたいでとても心地よい。あー早くライブで見たいなー。

2月5日

仕事がおわり、食材調達のために近所のスーパー佐竹へ。「スーパーセール大作戦」が行われていた。店は大賑わい。カートとカートの間をすいませーんと通りながら激安食材を探す。国産豚切り落とし・グラム79円にテンションが上がる。帰って、シェアハウス住人A氏(販売員)に買い物の成果を報告。A氏は「めっちゃいいやーん」と言いながら、袋に直接牛乳と卵を入れて作る、ボールいらずのホットケーキを作っていた。その画期的な調理方法に、私は「めっちゃいいやん、それ」と言い返す。良い情報をシェアできる、シェアハウスの良いところである。キッチンにホットケーキの香りが広がり、無性に食べたくなって、今度私も作ろうと思っていると、美容師をしている住人S氏から電話がかかってきた。「Tちゃん(ライター職の住人)、家おる? 7時からの予約、もう30分過ぎてるんやけど」とS氏。「え、さっきシャワー浴びてたで。 忘れてるっぽいなー(笑)」と私。「ぽいなー(笑)」とS氏。そんな事もあるのね。

2018年4月1日にスタートしたリレー日記です。1週間単位でさまざまな方に暮らしの日記を執筆いただいています。

カリグラシコラム

そのことを仕事にしている人もいれば、普段の暮らしの中でモヤモヤとした思いが浮かんでいる人もいる。借り暮らしにまつわる意見や考えを、さまざまな人たちが自由なスタイルで綴ります。