文化の小窓


感想の回

感想:河原功也

# # #

貸し借りを進めている「OURS.ライブラリー」から、1978年の刊行から3度目の新装版が今年の4月に出た不朽の水木しげる自伝『ほんまにオレはアホやろか』が貸し出されました。感想を書いたのは、アパートぐらしの京都の大学院生河原さん。水木しげるが大家さんならいつまでも住みたい、とのこと。

 

[河原功也さん × 『ほんまにオレはアホやろか』]

この本の中には、水木少年や水木青年、水木苦学生、水木落第兵、水木管理人…、さまざまな個性光る登場人物が現れる。
水木しげるは、すぐ、あだ名をつける。それはその人の見た目や態度なんかで即決定する。たとえ、いじわるそうな人であっても、あだ名で呼んでしまえば、軽妙な笑いへと変換されてしまう。知らずうちに呼ばれた方はたまったもんじゃないが、とにかく、水木しげるはあだ名付けの天才だった。
水木しげるは、虫や妖怪の生き様に魅了され、人間世界とは違った異界へと自身を開放していた。水木しげるが引き起こす数々の「怪奇現象」なんかを読み進めていくうちに、生きるということを自分が確かだと思えるかたちで必死にまっすぐ一所懸命に突き進んだ人なのだと思えた。
そんな彼が、淡々と自身の人生を昨日のことかのように回想する中で、おそらく唯一、はっきりと怒っている場面がある。それは、貸本漫画の落ち込み時期に、とにかく収入がなく、度重なる災難(その度、どうにか生き延びるのだ)に苦しむ生活をしているときだ。ある日、税務署からの使者が、「国への収入報告が少なすぎるぞ」と言って、嘘をついているんじゃないかと疑ってきた。その時、思わず水木しげるは、「あんたらに、われわれの生活がわかるもんか」と一喝した。彼を支えていたのは、「生きることの自信」だった。「生きることの自信」というのは、彼曰く「絶対に生かされる」という信念のことで、のちに述べている、「わが道を熱心に進めば、きっと神様が花をもたせてくれる」と言ったような言葉にもあるように、信念や努力をがむしゃらに無我夢中で泥臭く貫く姿勢を教えてくれる。
この本において登場する数々の水木しげるは、参考にしてはいけないような、いや、参考にはできっこないような人物として現れる。しかし、なぜだか、綺羅星のごとく眩しく、だからか、やけにかっこいい。くすくすと笑いながら、自分なりにまっすぐやってみよう、とこの本を読み終えたときには、きっとそう思える一冊だ。

bunka_impre3-2

感想を書いたひと
河原功也さん
東京生まれ、京都市在住。賃貸暮らし7年目。京都市立芸術大学大学院に在学中。主に展覧会企画、作家と共にプロジェクトを行っている。観葉植物屋で働き、時々もらう植物が部屋に増え続けたので、常に植物と目が合う生活を送る。

書籍『ほんまにオレはアホやろか』の推薦人による紹介文はこちら


※現在の「OURS.ライブラリー」
推薦人:安田謙一(ロック漫筆家)
001 DVD|『彼女と彼』 推薦の回 感想の回
002 DVD|『Hole 洞』 推薦の回 感想の回
003 DVD|『Ricky リッキー』 推薦の回 感想の回

推薦人:山下賢二(ホホホ座)
004 DVD|『ウルトラセブン Vol.12』 推薦の回 感想の回 感想の回
005 書籍|『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』 推薦の回
006 CD|高田渡『系図』 推薦の回 感想の回

推薦人:坂上友紀(本は人生のおやつです!!)
007 書籍|『井伏さんの横顔』 推薦の回 感想の回
008 書籍|『ほんまにオレはアホやろか』 推薦の回 感想の回
009 書籍|『本のお口よごしですが』 推薦の回

推薦人:野村誠(作曲家/ピアニスト)
010 書籍|『ココロのトリ ドローイングの旅に出る』  推薦の回
011 書籍|『とくいの銀行 なんとなく開業マニュアルブック』 推薦の回

推薦人:梅田唯史(元beyer店主)
012 DVD|『トキワ荘の青春』 推薦の回
013 書籍|『団地の見究』  推薦の回
014 CD|加地等『鐘は鳴らない』 推薦の回

推薦人:髙橋耕平(美術家)
015 書籍|『地図と領土』  推薦の回
016 DVD|『これは映画ではない』 推薦の回 
感想の回

推薦人:関美穂子(型染め作家)
017 マンガ|『こんぺい荘のフランソワ』  推薦の回
018 マンガ|『いろはにこんぺいと』 推薦の回

推薦人:松元明子(shopへなちょこ)
019 書籍|『キッチン』 推薦の回
020 書籍|『ティファニーで朝食を』 推薦の回

推薦人:松嶋友紀(英語教室ESS/翻訳者)
021 ドラマ|『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』 推薦の回
022 映画|『フランシス・ハ』 推薦の回

推薦人:林拓(歌手)
023 映画|『エンドレス・ワルツ』 推薦の回
024 書籍|『なしくずしの死』 推薦の回
025 書籍|『山之口貘詩文集』 (講談社文芸文庫)より「生活の柄」 推薦の回

推薦人:渡辺亜由美(滋賀県立近代美術館/学芸員)
023 映画|『ライフ・アクアティック』 推薦の回
024 音楽|『さよならストレンジャー』 推薦の回
025 書籍|『ことり』 推薦の回

推薦人:鷹取愛(山ト波)
026 書籍|『たべる しゃべる』 推薦の回
027 映画|『お早よう』 推薦の回
028 書籍|『青いドックフーズ』 推薦の回

推薦人:桂弥太郎(落語家)
029 DVD|『特選!!米朝落語全集 第四集』より 落語「天狗裁き」推薦の回
030 映画|『0.5ミリ』 推薦の回
031 ドラマ|『すいか』 推薦の回

推薦人:イルボン(詩演家/gallery yolcha車掌)
032 音楽|『神様ごっこ』推薦の回
033 映画|『ヴィクトリア』 推薦の回
034 書籍|『キリイシ -切石智子著作集』 推薦の回


文化の小窓

借り暮らしや賃貸住宅にまつわる映画や本、漫画などを、その道のプロフェッショナルな方々に推薦いただいて、編集部にライブラリーを設置。それらを貸し出しての感想文も随時、掲載していきます。