文化の小窓


推薦の回

推薦:安田謙一

# # # # # # #

借り暮らし、賃貸住宅、貸し借り、団地、長屋…にまつわるカルチャーネタを詳しい方々に推薦いただきます。
第1回の推薦人はこの方…!

安田謙一
1962年、神戸生まれ。ロック漫筆家。著作に『ピントがボケる音』(国書刊行会)、『なんとかとなんとかがいたなんとかズ』(プレスポップ)など。”借り暮らし生活”も53年目。まだまだ続きます。

recommend01
映画『彼女と彼』
(監督:羽仁進 1963年)

郊外の団地で暮らすのは左幸子扮する直子と、岡田英次扮する英一の新婚夫婦。子供はまだない。団地の前にはバタ屋部落と呼ばれる貧しい集落がある。直子はそこに住むひとりの男が英一の大学時代の同級生の伊古奈であることに気づく。伊古奈は大きな黒い犬を連れ、血の通っていない盲目の少女とふたりで暮らしている。元来、野放図で開放的な血が流れる直子は伊古奈の存在が気になり、接触しはじめる。ロケ地は神奈川県の百合ケ丘第一団地。まだ出来たばかりの団地はバリバリの近代的生活の象徴。団地が見せるさまざまなフォルム、表情をこれだけたくさん記録した映画も珍しいだろう。そこでの新生活を謳歌しつつ、同時に戸惑いを感じる生活者の心情を左幸子が見事に演じる。そのプロフィールに、密かに若き日の武田百合子のイメージを重ねてしまう。岸洋子が歌う主題歌「まだ生まれない子供」(作詞:谷川俊太郎、作曲:武満徹)がまた素晴らしい。

・大泉愛子さんによる「彼女と彼」の感想編

recommend02
映画『Hole 洞』
(監督:ツァイ・ミンリャン 1998年)

舞台は台北の古びた公共住宅。西暦2千年を目前に台湾ウィルスと呼ばれる伝染病が蔓延する。避難勧告も無視してまだ少数の住民が残っている。ツァイ・ミンリャン監督の常連であるリー・カンション扮するブリーフ姿の男。ビルの真下の部屋にはヤン・クイメイ扮するくたびれた女。ある日、男の部屋を訪れた水道工事人の不手際で床に穴が空いてしまう。穴を通して階上の男と階下の女が繰り広げる不思議なドラマ。降り止まぬ激しい雨。映画『ブレードランナー』を辰巳ヨシヒロが劇画化したような、やりきれない陰鬱な世界。そんな空気を一転させるのが、いきなりのミュージカル・シーン。グレース・チャンが歌う60年代のラテン歌謡に乗せて踊る女、そして男。廊下、エレベーター、階段、集合ポスト…、ビルの共用部分のすべてが華麗なダンスの舞台に変わる。消火器までが小道具に昇華する奇跡! 信じられないような映画です。

・にしなかさんによる「Hole 洞」の感想編

recommend03
映画『Ricky リッキー 』
(監督:フランソワ・オゾン 2009年)

シングルマザーのカティは7歳の娘リザとふたりでパリ郊外の団地で暮らしている。勤務先で出逢ったパコと恋に落ち、パコはふたりの住居に転がり込む。間もなくカティはパコの子供を産む。リッキーという名の赤ちゃんを加えた4人の新生活は前途多難。カティとパコに諍いは絶えない。ふたりに存在を無視されたリザの不満も募るばかり。ある日、子守の最中にリッキーの背中に傷をつけた、とカティになじられ、見に覚えのないパコは家を出る。日が立つにつれ、背中の傷は徐々に生々しい鳥の羽根に変わっていく。リッキーが団地の部屋の中を飛び回るシーンの興奮。かつて、共同住宅の天井の高さをこれほど意識させられる映画があっただろうか。空を飛ぶ赤ちゃんに家族は驚いたり、微笑んだり、怯えたり。その羽ばたきが身勝手な大人たちに魔法をふりかける。奇譚という言葉が似合うファンタジー。しっかり苦味が効いています。

・ペンネーム「まっさん」による「リッキー」の感想編


映画「彼女と彼」予告編


映画「Ricky リッキー」予告編


※現在の「OURS.ライブラリー」
推薦人:安田謙一(ロック漫筆家)
001 DVD|『彼女と彼』 推薦の回 感想の回
002 DVD|『Hole 洞』 推薦の回 感想の回
003 DVD|『Ricky リッキー』 推薦の回 感想の回

推薦人:山下賢二(ホホホ座)
004 DVD|『ウルトラセブン Vol.12』 推薦の回 感想の回 感想の回
005 書籍|『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』 推薦の回
006 CD|高田渡『系図』 推薦の回 感想の回

推薦人:坂上友紀(本は人生のおやつです!!)
007 書籍|『井伏さんの横顔』 推薦の回 感想の回
008 書籍|『ほんまにオレはアホやろか』 推薦の回 感想の回
009 書籍|『本のお口よごしですが』 推薦の回

推薦人:野村誠(作曲家/ピアニスト)
010 書籍|『ココロのトリ ドローイングの旅に出る』  推薦の回
011 書籍|『とくいの銀行 なんとなく開業マニュアルブック』 推薦の回

推薦人:梅田唯史(元beyer店主)
012 DVD|『トキワ荘の青春』 推薦の回
013 書籍|『団地の見究』  推薦の回
014 CD|加地等『鐘は鳴らない』 推薦の回

推薦人:髙橋耕平(美術家)
015 書籍|『地図と領土』  推薦の回
016 DVD|『これは映画ではない』 推薦の回 
感想の回

推薦人:関美穂子(型染め作家)
017 マンガ|『こんぺい荘のフランソワ』  推薦の回
018 マンガ|『いろはにこんぺいと』 推薦の回

推薦人:松元明子(shopへなちょこ)
019 書籍|『キッチン』 推薦の回
020 書籍|『ティファニーで朝食を』 推薦の回

推薦人:松嶋友紀(英語教室ESS/翻訳者)
021 ドラマ|『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』 推薦の回
022 映画|『フランシス・ハ』 推薦の回

推薦人:林拓(歌手)
023 映画|『エンドレス・ワルツ』 推薦の回
024 書籍|『なしくずしの死』 推薦の回
025 書籍|『山之口貘詩文集』 (講談社文芸文庫)より「生活の柄」 推薦の回

推薦人:渡辺亜由美(滋賀県立近代美術館/学芸員)
023 映画|『ライフ・アクアティック』 推薦の回
024 音楽|『さよならストレンジャー』 推薦の回
025 書籍|『ことり』 推薦の回

推薦人:鷹取愛(山ト波)
026 書籍|『たべる しゃべる』 推薦の回
027 映画|『お早よう』 推薦の回
028 書籍|『青いドックフーズ』 推薦の回

推薦人:桂弥太郎(落語家)
029 DVD|『特選!!米朝落語全集 第四集』より 落語「天狗裁き」推薦の回
030 映画|『0.5ミリ』 推薦の回
031 ドラマ|『すいか』 推薦の回

推薦人:イルボン(詩演家/gallery yolcha車掌)
032 音楽|『神様ごっこ』推薦の回
033 映画|『ヴィクトリア』 推薦の回
034 書籍|『キリイシ -切石智子著作集』 推薦の回


文化の小窓

借り暮らしや賃貸住宅にまつわる映画や本、漫画などを、その道のプロフェッショナルな方々に推薦いただいて、編集部にライブラリーを設置。それらを貸し出しての感想文も随時、掲載していきます。