文化の小窓


推薦の回

推薦:桂弥太郎(落語家)

# # #

借り暮らし、団地、長屋などをテーマに視聴できるカルチャーネタを、詳しい方々から教わります。今回の推薦人は、マスコミ関係の仕事から落語家へ転身、桂吉弥を師匠に持ち、飄々とした佇まいが魅力の桂弥太郎さんです。紹介してくれたのは、今と昔における住まい、そして、家族を考える3つのネタとなってます。

桂弥太郎(落語家)

35歳。入門八年目の噺家です。普段は動楽亭や繁昌亭で落語してます。最近やっと落語をきいて素直に笑えるようになってきました。馴染むのに時間がかかるタイプなんでしょうね。今後の予定はこちら(http://kyatarourakugo.wixsite.com/kyatarou)にアップしてますので一度ご覧ください。

recommend 01
落語「天狗裁き」 DVD『特選!!米朝落語全集 第四集』より
(出演:桂米朝 2002年)※上演は1989年

ある男がみた夢の話。奥さんが聞きたがり、隣人が聞きたがり、家主が聞きたがり、奉行が聞きたがり、「見てない夢の話、言ぃよぉがございません」という言い訳も虚しく、ついには天狗さんまでもが聞きたがるという不思議なお話。短い話の中に落語のいろんな要素がギュッと詰まってるので、米朝師匠のかわいさ、いじらしさ、荒っぽさ、貫禄、威厳、いろんな表現が楽しめます。
中でもおもしろいのが長屋の家主さんの場面。「家主と店子は親子も同様の間柄、ましてわしゃ町役じゃ。町役人を勤めておれば、いざ何ぞのときには親代わりになって面倒も見んならん。その親代わりである町役のわしにも、夢の話はでけんちゅうのか?」。家主(大家さん)が繰り出せる一番強いカードがこれ。今では考えられないほど強大な権力を持ってたんですね。これを言われてしまったら店子(長屋の住人)はどうしようもない。さてどうするか。米朝師匠の「困り」の表情をぜひ御覧ください。

recommend 02
映画『0.5ミリ』
(監督:安藤桃子 2015年)

主人公の山岸サワ(安藤サクラ)は、坂田利夫、津川雅彦、柄本明らが演じる老人の家に勝手にあがりこみ、ご飯をつくり、掃除をし、だんだん大切な存在になっていく。脅して、騙して、優しくして……普通に生きる権利を失った女は、孤独な老人を見つけてはカモにしていく。それは一見、犯罪のように見えるし、世の中の悪女の典型のように見える。しかし、山岸サワが他の悪女と違うのは、「お金」ではなく「生活」を目的にしていることだ。
「死ぬまで生きよう、どうせだもん」。
生きるために脅し、生きるために騙し、生きるために優しくする。生きるために人と関わる、関係する行為が、愛と何が違うのか、家族とどう違うのか、わかんなくなるような、そんな映画。めったにないけど、あってほしい、暮らしの形なのだ。坂田利夫演じる老人の部屋。余生を消費するための静かすぎる空間に生活感が戻ってくる。あの場面をぜひ見てほしい。

recommend 03
ドラマ『すいか』
(演出:佐藤東弥ほか、脚本:木皿泉ほか 2003年)

「苦しいよ、苦しいよ、早川!」。
お金と引き換えに日常を捨てた女(小泉今日子)が日常にしがみつく女(小林聡美)に助けを求める。梅干しの種を思いだし、牛乳を買って帰る約束を理由に、友達を捨てる。日常を嫌い、平凡な自分を嫌い、母を嫌っていた自分に、戻っていく。夏の借りぐらしが人生に平凡なミラクルを起こす。そんな尊い話。ここで改めて考えてみます、家族ってなんでしょう。血縁集団、経済活動の単位、子作りの場。すいかに出てくる「ハピネス三茶」に住む人たちは、やっぱりなんだか家族のようです。上記の1つも満たしてないけれど。もし彼女たちが家族でないのであれば、家族になったらどうですか? とオススメしたいところです。結婚以外で家族を増やすことは難しい世の中ですが、「その設定ってどうなんかな」と考えてみるのもいいかもしれません。だって、僕らはこれからも生きてくんですから。家族を作ってもいいじゃないですか。

※現在の「OURS.ライブラリー」
推薦人:安田謙一(ロック漫筆家)
001 DVD|『彼女と彼』 推薦の回 感想の回
002 DVD|『Hole 洞』 推薦の回 感想の回
003 DVD|『Ricky リッキー』 推薦の回 感想の回

推薦人:山下賢二(ホホホ座)
004 DVD|『ウルトラセブン Vol.12』 推薦の回 感想の回 感想の回
005 書籍|『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』 推薦の回
006 CD|高田渡『系図』 推薦の回 感想の回

推薦人:坂上友紀(本は人生のおやつです!!)
007 書籍|『井伏さんの横顔』 推薦の回 感想の回
008 書籍|『ほんまにオレはアホやろか』 推薦の回 感想の回
009 書籍|『本のお口よごしですが』 推薦の回

推薦人:野村誠(作曲家/ピアニスト)
010 書籍|『ココロのトリ ドローイングの旅に出る』  推薦の回
011 書籍|『とくいの銀行 なんとなく開業マニュアルブック』 推薦の回

推薦人:梅田唯史(元beyer店主)
012 DVD|『トキワ荘の青春』 推薦の回
013 書籍|『団地の見究』  推薦の回
014 CD|加地等『鐘は鳴らない』 推薦の回

推薦人:髙橋耕平(美術家)
015 書籍|『地図と領土』  推薦の回
016 DVD|『これは映画ではない』 推薦の回 
感想の回

推薦人:関美穂子(型染め作家)
017 マンガ|『こんぺい荘のフランソワ』  推薦の回
018 マンガ|『いろはにこんぺいと』 推薦の回

推薦人:松元明子(shopへなちょこ)
019 書籍|『キッチン』 推薦の回
020 書籍|『ティファニーで朝食を』 推薦の回

推薦人:松嶋友紀(英語教室ESS/翻訳者)
021 ドラマ|『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』 推薦の回
022 映画|『フランシス・ハ』 推薦の回

推薦人:林拓(歌手)
023 映画|『エンドレス・ワルツ』 推薦の回
024 書籍|『なしくずしの死』 推薦の回
025 書籍|『山之口貘詩文集』 (講談社文芸文庫)より「生活の柄」 推薦の回

推薦人:渡辺亜由美(滋賀県立近代美術館/学芸員)
023 映画|『ライフ・アクアティック』 推薦の回
024 音楽|『さよならストレンジャー』 推薦の回
025 書籍|『ことり』 推薦の回

推薦人:鷹取愛(山ト波)
026 書籍|『たべる しゃべる』 推薦の回
027 映画|『お早よう』 推薦の回
028 書籍|『青いドックフーズ』 推薦の回

推薦人:桂弥太郎(落語家)
029 DVD|『特選!!米朝落語全集 第四集』より 落語「天狗裁き」推薦の回
030 映画|『0.5ミリ』 推薦の回
031 ドラマ|『すいか』 推薦の回

推薦人:イルボン(詩演家/gallery yolcha車掌)
032 音楽|『神様ごっこ』推薦の回
033 映画|『ヴィクトリア』 推薦の回
034 書籍|『キリイシ -切石智子著作集』 推薦の回


文化の小窓とは

借り暮らしや賃貸住宅にまつわる映画や本、漫画などを、その道のプロフェッショナルな方々に推薦いただいて、編集部にライブラリーを設置。それらを貸し出しての感想文も随時、掲載していきます。