文化の小窓


推薦の回

推薦:本は人生のおやつです!! 坂上友紀

# # # # # # #

「借り暮らし」をテーマにしたOURS.ライブラリーに、新たな推薦をいただいたのは坂上友紀さん。大阪・西梅田にある「本は人生のおやつです!!」という、一度聞いたら忘れない名前の書店主にして、相手に合わせた本を紹介する「読書カウンセリング」の名人でもあります。

坂上友紀
「本は人生のおやつです!!」店主。新本と古書を等しく扱いながら、事あるごとに本棚を入れ替えて、お客さんとも積極的に会話するなどして、本にまつわるいろんな情報が行き交う店になっている。
→ http://honoyatsu.web.fc2.com/

recommend01
書籍『井伏さんの横顔』
(編集:河盛好蔵 彌生書房)

井伏鱒二と言えば「黒い雨」に「山椒魚」。ですが、それだけで終わってしまうのは非常に勿体ない! と思わせてくれる鱒二さんのお人柄なのです。彼がどれほど魅力的かは、この本に集められた人たちの文章を読めば一目瞭然。小沼丹などの作家から新聞記者にいたるまで、将棋指しつつお酒飲みつつ、「あの人には参っちゃうゼー」とか言いながら、傍にいられる嬉しさを隠せない。みなさん、鱒二さんのお茶目な言動に首ったけなのです。
また一方で、同時代の作家・永井龍男は、鱒二さんを「黒光りのする大黒柱」と評します。建築家・広瀬三郎が設計した鱒二邸には、確かにどっしりとした八寸角の大黒柱があり、世間でどれほど嵐が吹き荒れていようが、家の中に揺るがない平穏を築かれていたようです。加えて、広瀬三郎が設計の際に心に留めていたのは「何処かにユーモアを漂わせること」。なんと、それはまるで家の主、鱒二さんの姿そのものではありませんか!

・里見純さんによる『井伏さんの横顔』の感想編

recommend02
書籍『ほんまにオレはアホやろか』
(著:水木しげる 新潮文庫)

あの水木しげるさんが一時期アパート経営で生計を立てていたなんて! 水木サンと言えばゲゲゲだと思いこんでいた訳ですが、人に歴史あり。まさかの話、松下電器にお勤めで(ただし1日でクビ)、魚屋さんもされており(わりとすぐ権利売り渡す)、そして、ついにはアパート経営まで。戦中・戦後の混乱期とはいえ、その混乱ブリや、すさまじく…。
そのアパートの間借人の中に、驚くなかれ「国際ギャング団たち」がいたそうです。ひと部屋に何十人もが住んでいたり、部屋にピストルがあったり(!)で、さすがの水木サンもオカシイゾ、と思っていたら、刑事がやって来て、あわや銃撃戦ギリギリでの逮捕劇…って、何だかなぁ!
ちなみに現在の水木家は、改築に改築を重ねた結果、家じゅう迷路のようだとか。

・河原功也さんによる『ほんまにオレはアホやろか』の感想編

recommend03
書籍『本のお口よごしですが』
(著:出久根達郎 講談社)

私が本屋を始める少し前のこと。何気なく読んだこの本の中に、古本に関する何とも素敵なエピソードがありました。
連れ立って古本屋に入るAさんとBさん。…ダメーッ! 古本好き同士が一緒に行ったらダメーッ!! と思っていたら案の定、森鴎外の『雁』をめぐってケンカ勃発! 『雁』の初版本には青色と赤色の2種類の表紙があり、ふたりとも「揃い」で手に入れたい。見かねた古本屋さんの仲裁でお互い1冊ずつ手に入れ、この場は収まったのですが、その後が泣かせるのです。はじめに、Bさんの結婚祝いでAさんが片割れの本を贈ります。1年後、Aさんに長男誕生、お祝いにBさんは2冊の『雁』をプレゼント! 以来、幾度となく慶事の進物として2冊の本がふたりの間を行き来することに。
この話を読んで私自身、なお一層古本の魅力にハマってしまって今にいたります。どれも同じ本、ではないのです。経る年月でかけがえのない唯一のものになっていく。それが受け継がれていくことの良さだと思うのです!


※現在の「OURS.ライブラリー」
推薦人:安田謙一(ロック漫筆家)
001 DVD|『彼女と彼』 推薦の回 感想の回
002 DVD|『Hole 洞』 推薦の回 感想の回
003 DVD|『Ricky リッキー』 推薦の回 感想の回

推薦人:山下賢二(ホホホ座)
004 DVD|『ウルトラセブン Vol.12』 推薦の回 感想の回 感想の回
005 書籍|『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』 推薦の回
006 CD|高田渡『系図』 推薦の回 感想の回

推薦人:坂上友紀(本は人生のおやつです!!)
007 書籍|『井伏さんの横顔』 推薦の回 感想の回
008 書籍|『ほんまにオレはアホやろか』 推薦の回 感想の回
009 書籍|『本のお口よごしですが』 推薦の回

推薦人:野村誠(作曲家/ピアニスト)
010 書籍|『ココロのトリ ドローイングの旅に出る』  推薦の回
011 書籍|『とくいの銀行 なんとなく開業マニュアルブック』 推薦の回

推薦人:梅田唯史(元beyer店主)
012 DVD|『トキワ荘の青春』 推薦の回
013 書籍|『団地の見究』  推薦の回
014 CD|加地等『鐘は鳴らない』 推薦の回

推薦人:髙橋耕平(美術家)
015 書籍|『地図と領土』  推薦の回
016 DVD|『これは映画ではない』 推薦の回 
感想の回

推薦人:関美穂子(型染め作家)
017 マンガ|『こんぺい荘のフランソワ』  推薦の回
018 マンガ|『いろはにこんぺいと』 推薦の回

推薦人:松元明子(shopへなちょこ)
019 書籍|『キッチン』 推薦の回
020 書籍|『ティファニーで朝食を』 推薦の回

推薦人:松嶋友紀(英語教室ESS/翻訳者)
021 ドラマ|『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』 推薦の回
022 映画|『フランシス・ハ』 推薦の回

推薦人:林拓(歌手)
023 映画|『エンドレス・ワルツ』 推薦の回
024 書籍|『なしくずしの死』 推薦の回
025 書籍|『山之口貘詩文集』 (講談社文芸文庫)より「生活の柄」 推薦の回

推薦人:渡辺亜由美(滋賀県立近代美術館/学芸員)
023 映画|『ライフ・アクアティック』 推薦の回
024 音楽|『さよならストレンジャー』 推薦の回
025 書籍|『ことり』 推薦の回

推薦人:鷹取愛(山ト波)
026 書籍|『たべる しゃべる』 推薦の回
027 映画|『お早よう』 推薦の回
028 書籍|『青いドックフーズ』 推薦の回

推薦人:桂弥太郎(落語家)
029 DVD|『特選!!米朝落語全集 第四集』より 落語「天狗裁き」推薦の回
030 映画|『0.5ミリ』 推薦の回
031 ドラマ|『すいか』 推薦の回

推薦人:イルボン(詩演家/gallery yolcha車掌)
032 音楽|『神様ごっこ』推薦の回
033 映画|『ヴィクトリア』 推薦の回
034 書籍|『キリイシ -切石智子著作集』 推薦の回


文化の小窓

借り暮らしや賃貸住宅にまつわる映画や本、漫画などを、その道のプロフェッショナルな方々に推薦いただいて、編集部にライブラリーを設置。それらを貸し出しての感想文も随時、掲載していきます。