「青空アワーズ 団地へ行く日
vol.1 写真レッスン編」 フォトレポート

# # # # # #

「青空アワーズ 団地へ行く日」は、実際に読者のみなさんと団地を巡ってみようとはじまった企画です。
第1回は外壁やサインなどが改修されたばかりの、大阪の「南港ひかりの団地」と「南港わかぎの団地」へ。イベント当日2018年11月17日は、前日までの雨予報を覆して晴れ! この日の様子を写真でレポートします。

13:00|「南港ひかりの団地」の集会所に集合。深めの軒先と防音ブースを備えた集会所です。

13:05|この日のために制作したお土産。イシヤマアズサさんによる団地スケッチ作品をプリントしたエコバックと、当団地のサイン・色彩のデザインを担当されたUMA / design farm 原田祐馬さんから頂いたコメントを収録したしおり。

13:10|南港のまち開きの歴史と、立地などを地図で確認。解説はUR都市機構の中野さん(左)。写真レッスンは、筆者で写真家の平野愛が担当(右)。

13:30|団地歩きスタート。参加者のみなさんは、以前から団地に興味があったという方々ばかり。

13:35|小さな丘の部分から団地全体を撮影する方法をレクチャー。外壁の色彩の切り替え部分などにも注目。

13:45|住棟内に移動。光の入る階段室はポートレイト撮影にもgood。しおりに掲載した原田祐馬さんのコメントにしたがって、外壁だけでなく階段室の天井部分の色の細かな切り替えにも再び注目。「おお!」という歓声が響きました。

14:00|改修済みの住戸へ。麻畳の感触、ベランダからの風景をみんなで体験。

南港ひかりの団地2DK住戸 photo : Ai Hirano

南港わかぎの団地 photo : Ai Hirano

14:30|ひかりの団地から歩いて約10分で「南港わかぎの団地」に到着です。ここでは家具などを入れたモデルルームに入りました。3DKの間取りを見ながら、部屋を撮る方法をレッスン。

15:00|最後はみんなで「今日の1枚」を見せ合いました。同じ場所にいるのに、ひとつとして同じ写真がないという驚き!それぞれの視点に見入ってしまい、時間を30分ほどオーバーしてしまいました。

こうして、約2時間半の「写真レッスン編」は和やかなうちに終了しました。
参加者のみなさんからは「普段は一人で写真を撮っているので、みんなで堂々と撮れて楽しかった」「団地のデザインや色がとてもよかった。住みやすそう」「真ん中に公園があるのが面白かった」といったコメントを頂きました。
また、今後の青空アワーズへの企画案として「写生会」「押し花レッスン」「炊き出しレッスン」「キャンプレッスン」「屋上登り」「ピクニック」といった意見も参加者のみなさんからいただきました。みなさんの熱い想いに応えたい! vol.2の開催にもぜひご期待ください。

参加者による写真作品はこちらで順次掲載します。どうぞお楽しみに。

文:平野愛 記録写真:助口優衣