桜は咲いてなかったけど、
もりだくさんな撮影会 in サンヴァリエ金岡

# # # # # # #

3月21日、春分の日。
堺市にあるサンヴァリエ金岡で「桜の下の記念写真撮影会」を開催しました。

サンヴァリエ金岡には、かつて「スターハウス」と呼ばれた星型住棟が建っており、ここがUR賃貸団地の第1号だったことから当時のスターハウスの外形と間取りを再現した「スターハウスモニュメント」が団地内の広場に設置されています。

辻本しんこさんを招いての撮影会の会場をこの広場に定めたのですが、ここが団地の子どもたちの一大遊び場だということに気づいたのは撮影会がスタートしてからのこと。撮影中、多いときには10人ほどの子どもたちがカメラの前後左右を自由に駆けまわる、かつてない賑やかな撮影会となりました。

トップに掲げた写真では背景に子どもがひとり見えているだけですが、かくれんぼなのか鬼ごっこなのか、とにかく、鉄枠にぶら下がったり登ったりする子も含めて、たくさんの子どもたちで大騒ぎ。いまの時代、子どもの顔を気軽には写せないのがとても残念なのですが、撮影会+遊ぶ子どもたちの様子もぜひこちらでお伝えしたいものでした。

当日、実はまだ桜はまったく開花しておらず肌寒いほど。子どもたちのにぎやかさが桜の代わりを務めてくれました

撮影会にあわせて、「パノラマ珈琲」の木塚さん、「あんこや ぺ」の竹内さんも会場にお越しいただいて、その場で淹れた自家焙煎珈琲とたっぷりあんこの乗った団子菓子のふるまいも。このふたりには、OURS.でちょうど1年前の4月1日から続く「週替わりみんなの日記」をそれぞれ書いていただいたことがあるというご縁もあり、今回の出店となりました。

木塚さんの日記はこちら→http://ours-magazine.jp/column/nikki-181118/ 
竹内さんの日記はこちら→http://ours-magazine.jp/column/nikki-181007/

ご縁といえば、OURS.の7days sceneで参加いただいた鈴木啓文さん、岩瀬ゆかさんの作品をバッグにして、撮影のノベルティとしてプレゼントしました。
それぞれ堺にあるUR団地を描いたスケッチ作品だったことから、バッグへの展開を決めたのですが、なんと鈴木さんはバッグのために広場の風景を描き下ろしてくれただけでなく、当日も会場に駆けつけて、撮影現場の様子をその場でスケッチいただきました!

さらさらとすごい密度でスケッチをしていく鈴木さん。

この日、鈴木さんが描いたスケッチの1枚。公園に集う子どもたちの自転車群が描かれています。

そして、OURS.の7days sceneからもうひとつ。
「冷マ」こと、冷蔵庫に貼れるマグネットを9枚もつくってしまいましたので、参加者のみなさんにも配布しました。こちらは今後のイベント企画などでも、配布できるような機会を設けたいと検討中です。

OURS.ロゴが見え隠れ。団地の冷蔵庫に貼ってもらいたい!

とても盛りだくさんな1日でしたが、なにより辻本しんこさんに撮影いただいたみなさんの写真は笑顔があふれて、“桜も咲いてないのに何やらよくわからないけどハッピーな日だったよ!” 感がしっかり写されていました。
こちらは4月より10回に分けて順次公開していきますのでお見逃しなく!

*辻本しんこさんの連載はこちら→ http://ours-magazine.jp/7daysscene/tsujimoto-01/

<鈴木啓文さんによる3月21日のスケッチ>

文:竹内厚 写真:平野愛