第51回日本サインデザイン最優秀賞を受賞!

# # # # #

7月31日、日本で唯一のサインデザイン賞(今年でなんと51年目)の審査が行われました。応募総数352点の中から、鳥飼野々二丁目団地のサインデザインが最優秀賞を受賞! 

2015年春から計画が始まり、2017年春に完成しました。サインデザインは定期的な外壁修繕のタイミングに合わせたもので、住棟の色彩計画とともに進められました。朝、昼、夜で変わっていく光の動きを妻壁の構成に表現し、その繊細な色設定を実現するため塗料の色合わせを丁寧に行われたそうです。

色彩計画、サインデザイン、ロゴは、UMA/design farmの原田祐馬さん+西野亮介さんが担当。
鳥のモチーフは、イラストレーターの山内庸資さんによるもの。

文・写真:平野愛(2017年6月15日撮影)

▷原田祐馬さんとの<散歩と観察>
http://ours-magazine.jp/walkandwatch/harada-1/

▷山内庸資さんの鳥飼野々二丁目団地<7DAYS SCENE>
http://ours-magazine.jp/7daysscene/yamauchi-01/

▷UR都市機構物件情報
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/osaka/80_2720.html

▷日本サインデザイン協会
http://www.sign.or.jp