大西:写真家の大西みつぐと申します。私は、東京の下町に生まれ育ちまして、隅田川、荒川、江戸川に挟まれた地域で、下町の暮らしぶりを40年近くにわたって写真に撮り続けてきました。暮らしぶりとひと言でいっても、日常的なものと非日常的な、たとえばお祭りのような場面があります。その繰り返しによって、我々の生活は形成されています。やはり私にとっては人の匂いのする下町が原点ですから、下町の日常と非日常から何かしらのヒントや、まちづくりのあるべき姿が生まれているんじゃないかという思いに駆られています。
フォト&スケッチ展については、これまでに審査を5~6回ほどさせていただきました。今回のセレクション作品から、気になった写真をご披露いたします。

「ふるさと」 奈良・平城第二団地|佐藤勝紀

大西:ご存知のように、現在、デジテルカメラが大変に普及していますけど、コンテストの始まった2008年頃は、まだまだフィルムで撮ってらっしゃる方も多かったと思います。それから、一気にデジタルカメラが広まりましたけど、デジタルカメラは夜に感度を上げて撮影することに強みを発揮しますので、さまざまな方がこぞって夜の団地写真を応募してくれました。「ふるさと」はその代表的な1枚です。

「雪の日」 北海道・五輪団地|山内佳子

大西:こちらもデジタルカメラらしい非常にビビッドな作品。雪の日がロマンチックに描写されています。

「ここで過ごした3年」 大阪・茨木三島丘イースト|瀬川全澄

大西:人間が中心になったイメージが私は好きなんですね。暮らしぶりのなかで人間がどういう風に描かれるんだろうと。
やはり、写真を撮る/撮られるという関係をご家族や近隣のみなさんと共有しながら写真を撮っていただくと、こういういい感じになるんだと思います。記念写真こそ写真の原点ですね。

「夢いっぱい」 大阪・泉南一丘団地|林涼子

大西:ベランダから、非常に美しい光を意識しながら写されています。光を意識してシャッターを切る、これは写真の基本ですけれども、団地のコミュニティのなかで光を感じ、写真を撮る喜びをみなさんが紡いでくれたというのが、このフォト&スケッチ展の本当の収穫だと思います。

「カーテン」 東京・町田山崎団地|山室嘉子

大西:「カーテン」は、ベランダを独自のとらえ方で表現されたもので、ユニークな世界。写真とはまた違った、スケッチならではのタッチがあります。そして、非常に温かい眼差しがありますね。写真もスケッチも、眼差しの賜物であるんだとあらためて思います。

「全員集合」 福岡・若久団地|村上綾

大西:切り絵のようなイメージですね。ここまでくると本当にプロフェッショナルのようでもあります。

池邊:ありがとうございました。では、杉本さん、お願いします。