津久野南団地で3年目の「ヤギ除草」

# # # # #

人や機械が行う草刈りの代わりに、ヤギに草を食べてもらう除草工法が注目されています。UR都市機構では2013年、町田山崎団地(東京都町田市)からこの工法を実験的に取り入れ、西日本では2014年より津久野南団地(大阪府堺市)が試み、今年で3年目となりました。

ヤギは牧場からのレンタルで、9/30〜10/31の一ヶ月間、毎日午前8時30分〜午後4時まで活躍。夜間は特設の小屋(1DK)の中で快適に過ごし、柵で囲った敷地内の約1,000m³を除草しました。

2頭のヤギは除草することだけでなく、年配から子どもまでが親しめる存在として、ささやかな癒やし効果も。そんなヤギ除草は、年々認知度も高まり、今年は一日平均20名前後の来場者があり、10/22開催の見学会には2時間で200名にのぼる来客数を記録しました。

除草終了日には「トラックに乗りたがらないほど」(UR担当者)ヤギも団地に馴染み、毎年住民のみなさんからも「また来てほしい」という声が寄せられています。

これからヤギが再び登場するときは、OURS.ニュースでもお知らせしていきます。

●ヤギ除草リンク
UR都市機構のヤギ除草 | 社会・環境活動
http://www.ur-net.go.jp/shakai-kankyou/kankyo-tech/jirei/yagi.html
津久野南団地
http://www.ur-net.go.jp/kansai-akiya/osaka_minami/2750.html
津久野南団地BLOG
http://blog.ur-net.go.jp/osaka-south/2016/b75cud0000000g95.html