壬生坊城第二団地のカナリヤ
年季の入った、あったかいパン屋さん

# # # # # # #

団地ショップをグルグルと探訪、URの面々が自分勝手にレポートします。
今回は……

04gd_komasa

レポーター:小正(経営チーム)

DSC_6829

阪急大宮駅、JR&地下鉄二条駅が使えちゃう、
めちゃくちゃ便利で、緑がこんもりの団地。
それが壬生坊城第二団地。

そんな団地の1号棟の1階、その一番奥に、年季の入ったええ感じのパン屋さんがあります。

DSC_6853

これぞ昭和なたたずまいは、聞けば、すでに35年営業されているとのこと。
こちらの名物? それは間違いなくお店のおばちゃんです。
すぐに打ち解けてがっつり話ができる身近な距離感は、平成の世では天然記念物級にうれしいもの。
大阪下町で生まれ育った僕からすると、なんだかほっこり懐かしいひと時でした。

よくよく店内を見ると、ダウンタウンのはまちゃんがやってる深夜の名物番組『ごぶごぶ』のステッカーが!
ロケで食べはったというのが、ポテトロール。
これがなんとフライドポテトがパンの上に載ってる斬新さ。
ポテサラがパンにインとかとちゃうんや。
よく考えたら、ロールもしてへんやん(笑)。

DSC_6834-2

で、もう一品がサンライズ。
メロンパンちゃいますよ、サンライズ。
関西・中国・四国の一部地域ではメロンパンをサンライズと呼ぶんです。
これまためっちゃ懐かしい感じでした。

DSC_6857

DSC_6889

極めつけは、ショーウインドウに並べられたお人形さんたち。
団地内の保育園や買い物に来るお子さんたちが喜ぶようにと歌って踊る人形をスタンバイして、子供たちがやって来るたびに、おばちゃんはどんどん躍らせてました。

DSC_6856

僕がいた30分ほどで、親子連れや子どもがひっきりなしに訪れていたから、ほんまに地元に愛された名店なんですね。
あ、お味はまさに昔からのパン屋さんらしい、懐かしいいいお味でした!
ちなみに、うまい棒のおまけつき!!

DSC_6879

ベーカリーショップ カナリヤ
●京都市中京区壬生坊城町48-3-1-109(壬生坊城第二団地)
食べた日/15年3月

Journal D

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。