広島・中広町団地の「角ちゃん」
これぞリアル広島焼き!

# # # # # # #

団地ショップをグルグルと探訪、
URの面々が自分勝手にレポートします。
今回は……

06gd_harada

レポーター:原田(営業開発チーム)

♪空を泳げと天もまた胸を開く 今日のこの時を確かに戦い♪
なんと、この日はプロ野球も開幕の日。
泊りを予定していましたが、どっこもホテルが空いてなく断念。

gd_11_01

gd_11_02

それでも、前回、中広町団地に来た時から気になっていた
「角(つの)ちゃん」へ。
今回こそは! と、単独行動を許してもらったので、
のれんをくぐったのでありました。

gd_11_03

広島弁のおかあさんが丁寧に焼き上げてくれる、
なんともシンプルな「肉・やさい・そば・卵の広島焼」。
ランチタイムには、“やさいW”のサービスもついて
なんと580円! 安っ!!
さらにビックリするのは、その大きさ!
写真では、わかりにくいかもしれませんが、
直径20cmオーバーで、厚みもたっぷり。
一人で食べきれるのか!? と、
一抹の不安も感じましたが、さすがは「広島焼き」。
同じ粉ものの「お好み焼き」と違って、
薄い生地とたっぷりの野菜、そばで構成されているヘルシー仕様なので、
意外とあっさり完食できました。

gd_11_04

その味は…広島におばちゃんの家があって、同い歳くらいのいとこがいて、夏休みに泊りで遊びに行った日の、とあるお昼に食べさせてもらって、めちゃくちゃ美味しかった…そんな妄想記憶がよみがえる、シンプルで温かみのある味でした。

地元の方と常連さんがほとんどの
隠れたおすすめ店です。

今年は、広島が熱い! はず……。

お好み焼き「角ちゃん」
●広島市西区中広町一丁目18番28号(UR中広町団地)
食べた日/15年3月27日

gd_11_05

Journal D

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。