千島団地で大型DIYプロジェクトはじまる!

# # # # #

大正の中心部にある千島団地。大阪市内でも屈指の規模を誇る団地です。
この団地を舞台にした新たなDIYプロジェクトが始動。その記者発表に行ってきました。

「TAISHO☆UPプロジェクト」と名付けられたこの計画は、UR都市機構と壁紙屋本舗を運営する株式会社フィル、そして大正区の3者による共同プロジェクト。
これまでに発表されているところをまとめてご紹介します。

・千島団地内にスタッフ常駐のDIY共用施設がオープン
施設に設置される相談サロンでは、常駐スタッフに施工方法や部材のアドバイスを受けることが可能。DIY初心者には心強い味方です。
さらに、施設には工具類や機械類が整えられたDIY工房、防音ルームも併設予定。

blog_01

左:DIY工房(箕面粟生団地) 右:音楽スタジオ「MUSIC COMMON CAVE MORINOMIYA3-216」(森之宮団地)

常駐スタッフは、壁紙屋本舗/株式会社フィルの面々が担当します。
DIYスピリットにあふれる濱本社長が率いるこのチームは、2015年にWALLPAPER MUSEUM WALPA/OSAKAを千島団地のほど近くにオープン。
世界の壁紙が集まる大正区の新名所になりつつあります。
濱本社長にはボロワーズでも話をお聞きしています。

THE BORROWERS 濱本廣一(壁紙屋本舗/WALPA)
→ http://ours-magazine.jp/borrowers/hamamoto-1/

・募集住戸はすべてDIY可能
URの団地では、基本はDIYできる住戸が指定されているのですが、千島団地ではプロジェクト開始後は募集住戸が全てDIY可能に。これまでのDIY団地と同様に、事前に工事範囲の許可を得ていれば原状回復義務ナシ! バリバリのDIYerでなくても、壁も床も自分の好みで変えることができるのは嬉しいですね。
DIYモデルルームは、roomclipの人気ユーザーranranさんや壁紙屋本舗社員チームが担当、いまどきのDIYルームを見に行くことができるように。これも楽しみです。

TAISHO☆UP特設WEB
→ https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/osaka/taishoup/

URの団地DIYについて詳しくはこちら。
→ http://www.ur-net.go.jp/kansai/diy_house/

ranranさんのお部屋(roomclipページ)
→ http://roomclip.jp/myroom/144223
ranranさんのインスタグラム
→ https://www.instagram.com/tomooo.25/

・プロジェクトの開始は今秋を予定、オープニングイベントも開催
音楽やストリートスポーツとの連動企画も準備中

プロジェクトの実施はこの秋からスタート。DIYだけではなく、音楽やBMX・スケボーなどのストリートスポーツと連動した企画も動き始めているようです。詳細はまだ決まっていない模様ですが、OURS.散歩と観察でも登場いただいたSHINGO☆西成さんが登場することがすでに決まっています!

今後発表される、募集の詳細やオープニングイベントのことは、続報にて随時、OURS.でもお知らせしていきます。


千島団地はバンリさん、いぬさんの7DAYS SCENEにも登場。
作品と団地の様子はこちらから。

バンリ
→ http://ours-magazine.jp/7daysscene/banri-06/
いぬ
→ http://ours-magazine.jp/7daysscene/inu-01/

SHINGO☆西成さんとの散歩と観察
→ http://ours-magazine.jp/walkandwatch/shingo-1/

 

IMG_9518

プロジェクト調印式を終えて。写真右から、大正区長筋原さん、株式会社フィル濱本さん、UR都市機構森廣さん

*タイトル写真は記者発表が行われたWALPA/OSAKAから望む大正区と千島団地

松川・記

Journal D

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。