3段目。1段目にまとまりそうだが、「これがいい」とのこと。

4段目。昭和風なお皿と茶碗が2つ。

家ではお酒も飲まない。

「最近はえだ豆(冷凍)ばっかり。あと豆腐かな」
―アルコールなしで。
「はい。ひとりで飲んでもしょうがないから」
―けど、そのメニューなんですね。
「最初はつくろうとして材料を買ったりもしたけど、1人分だと残るのが嫌なので。結局、できてるものを買ってくる方が賢い」

これは灰皿。フタ付きなので匂いも漏れない。「画期的やなと思ってます」。

キッチンの奥に謎のすき間。掃除機置き場、傘立てとして活用している。

冷蔵庫の横に衣装ラック。「ほとんど冬物? うん、出っぱですね」。

冬場は、このシブい戸を閉めて暖をとる。

ここにはもうひとつ、3段収納が。

上段。カバンや袋入れ。『ガキ使』のおばちゃんメモには何が入ってるかを書いていた。

中段は服と下着収納として。普段は洗濯して干したもので回っているので、ここのは頻繁には使わない。

下段はクツ箱も兼ねて。具体的な物ではなく、生活習慣に見え隠れする元カノの影。男1人暮らしにして整理整頓が行き届いている。

Journal Dとは

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。