かなり味の出てきたこたつ。妻が使い続けてきたもの。「畳とコタツ好きです。いつから使ってるかな…私が高校の頃くらいから自分の部屋で使ってました」。勉強机でもあったそう。

夫がずっと使ってきた机はこちら。いまは、主に子どものもの置きに。

もうひとつ、妻が赤ちゃんの頃からあったというのがこれ。ひとり暮らし時代は化粧道具入れに、いまは高いものを取るときの台としても活用。

使ってもらった。

撮影したのはハロウィン前日。いつもはスヌーピーのみ。

トイレの扉、洗濯機にも。

この年代の団地は洗濯槽がない。そこで妻のおとうさんの出番、収納つきの台をつくってくれた。浴室に排水する。

―いいおとうさんだ。
「父が掃除が好きなんです。だから、これ使いなさいっていろいろ置いていくのもあって…」。

で、このスプレー類。セスキ、ウタマロ洗剤、マジックリンなど。うち2本は妻の家族が置いていった。

こっちにもあった。しかも、後づけした棚に整列。出番を待つ感じ。

Journal Dとは

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。