# # # # # #

帽子多めのポールハンガー。数えてみたら、夫7対妻3で夫の帽子が多かった。奥にはえべっさんの福笹。

カメラをさらに壁際へ…等間隔で壁に何か飾っているのが気になるところ。

実はこの団地、壁掛け用の金具が等間隔で付いている。「ここに何を掛けたらいいのか…絵?」と迷った末に…。

「とりあえず掛けてみた」という状態。この部屋に越してきて間もなく2年になる。

カレンダー、家族の写真、ドライフラワーなどを掛けている。日々大きくなる子どもの記念撮影もだいたいこの壁の前で。

和室にあるものはダブルのローベッドだけ。腰をぐりぐりするマッサージ機の存在が気になる程度。

妻は大の安室ファン。子どもが触らないよう、リビングのテレビ下の引き出しにまとめて入れている。「引退? ショックすぎて考えないようにしています」。

テレビ、プリンター。目の届くところはとてもすっきりと片付いたこちらの住まいだが、玄関脇の洋室…!

Journal D

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。