洋室は子どものための物であふれていた。長女、まもなく2歳のパラダイス!

ぬいぐるみが好き。

1歳の誕生日におばあちゃんが買ってくれたキッチン。

ともかく、どっちを向いても楽しいものしかない!

この部屋の奥隅にようやく夫のものを発見。仕事で使うベースが3本。

夫の本棚は、子どもが触らないように室内に背を向けた状態。もはや本棚としての機能は果たしていない。「本は好きですけど、最近はケータイでも買って読めるので」。

子ども部屋のクローゼットを開ければ、夫妻の洋服がぎっしり。これでもこの秋冬に着そうなものだけ。

クローゼットを閉めると、子どもパラダイスに戻る。団地好きにとっては、ドアノブの形状や扉の色も注目ポイント。

Journal Dとは

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。