# # # # # # #

玄関にはバッチコレクション。部屋の装飾というよりもこれが収納代わりだそう。

というのも、「出かけるときにこれ、これと選んでいけるから」。服に合わせて選べる、とても機能的なバッチ置き場。

もとあった収納の中にも棚数を増やして靴入れとして活用。

玄関にも靴は結構あり。鏡はこれともう1枚、大きな姿見が。

本棚にあった夫のサングラスコレクション。

ファッション周りの持ち物が多い夫妻。部屋のあちこちにある帽子が印象的。

4つの帽子がかかる棚の中はこの状態、上下に洋服ぎっしり。

こちらの和室まるごと、衣類置き場として使っている。ちなみに、左上に見えるのは予備のふとん。

もはや服屋さんのような状態。「前の家でもひと部屋は服を置くのに使ってました」。

―中崎町で洋服屋を営まれていたそうですね。
「3階建ての1軒家で1階を店にして、2階3階に住んでたんですけど、突然、大家さんが変わって、家賃が4倍って…」
―それはキビシイ。
「弁護士さんにも相談したら、裁判したら勝てるけど、それでも家賃2倍くらいにはなるんじゃないかと言われたのであきらめました」
―そして、住まいをこちらの団地へ。
「中崎町は長かったし、すごく好きな町だって自信はあったんですけど、今と比べたら、俄然ここが住みよすぎて」
「ほんまに悪いところがない」
―お店の方は?
「いまはウェブショップとしてやってます」

妻もアパレル系に勤務と聞いて、服が多いのも納得。結果的に、ひとつの部屋がリビング、ダイニング、寝室の機能をすべて担っている。

Journal D

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。