玄関前の廊下に通じるこの扉は使わずに、その前に冷蔵庫とウォーターサーバーを置いた。確かにここに扉はなくてもいい。

ウォーターサーバー、お湯を使うことはないので、図書カードで照度センサーをふさいで、常にエコモードに。図書カードのメッセージに特に意味はない。

基本的に買い置きはしない。なんといっても徒歩圏内に5つもスーパーがある。夫妻は昨年できた「サンディ」がお気にいり。

お猪口あれこれ。お酒は「古くなるのがイヤ」という夫の意見で、たとえ大吟醸であっても、開けたものは料理酒としてすぐに使ってしまう。

一方、なぜか水道修理の宣伝マグネットが捨てられない妻。

そういえば、玄関ドアにもあった。

これまでの住人が丁寧に使ってきたためか、昔ながらのキッチン収納が健在。

家で飲むサワーもいい塩梅。

―家の中で好きな場所といえば?
「私は部屋でお酒飲みながらリラックスして、ナイターとかお笑い番組見てるのがいちばん楽しみ」
「お笑い見てるときはテレビの前にいて。ただ流してるだけの番組やったら、こっち(ベンチ)にいるかな」
―来客も多そうですね。
「月に2~3回は誰か来て、ご飯食べて、泊まっていくこともあります」
―その場合はどこで寝てもらうんでしょう。
「服だけ置いてる部屋の洋服ラックを外に出して、スペースをつくります」
―そういえば、ふとんがありましたね。あと、どの和室にもラグを敷いてあります。
「僕が結構こぼすんでね。見た目的にもこっちのほうがいいでしょ」
「想像されてるより、ほんとによく、こぼさはるんです。笑うでしょ、笑うその手で何かを倒すから」
「ほんま、すぐやるんですよ」

プロ野球観戦好きの妻…といえばアイツがいた。

Journal Dとは

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。