こちらの住まいでは、排水ホースは固定型に。「洗濯機を動かす必要がなくなったのは、さみしい気もしてます」。

シャンプーはちょっといいのを使っている。

こう見えて、自動お湯はり付きの浴室。しかし、住人はシャワー派なので使っていない。

歯磨きコップはドラゴンボール。これももらいもの。

引っ越しに際して新たに買った数少ないもの。その1、靴箱。

その2、ハンガーラック。いずれもAmazonにて。

ベッドの下は服の置き場に活用。

本棚には、途中巻からの『キングダム』が増えていた。

前の住まいと同じく、こちらでもクーラーをつける気はないそう。

夏に備えて冷凍庫ではアイスノンと保冷剤が冷える。タオルで巻いて首筋に。これで夏を乗り切る。

前は3万円弱だった家賃は5万円代に。部屋はかなり広く、アクセスもずいぶん便利になった。
 
大宮町団地
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/osaka/80_1691.html

写真:Ayami 文:竹内厚 団地コーディネイト:辻野憲一


これまでの訪問先
鍵盤楽器プレイヤーの夫妻/小阪駅前団地
東京・練馬から越してきた60代夫妻/桃山南団地
団地を楽しむ女性ひとり暮らし/鷺洲団地
1DK・29㎡のパラダイス/赤川町団地
30代ひとり暮らしの仮住まい/リバーサイドほんじょう
新婚夫妻はムダなく暮らす/桜川団地
実はいちばん落ち着く場所/さざなみプラザ第8団地
店ごと引っ越してきた住まい/鷺洲第2団地
ねぎとある生活/西谷町団地
187cmのやさしいひとり暮らし/大浪橋団地
捨てられないからすっきり暮らす/西大寺駅前団地
URからURへの引っ越し/ぷららてんま
ひとり暮らしDIYの効用/新千里北町団地
パーティな日々から団地へ/泉北原山台一丁団地
ひとり暮らしはマイペースに/大宮町団地

Journal Dとは

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。