ひとり暮らし憧れ
販売スタッフNさんの2DKアパートメント

# # # # #

衣替え、模様替え、はたまたお引っ越し。暮らしが少し動く季節ですね。「ひとり暮らし憧れ」では写真家が気になる部屋を訪ねては、じっくり眺めています。今回訪ねたのは、北欧雑貨店店長Aさん(http://ours-magazine.jp/kari-colle/akogare-01/)のお隣さん。同じ間取りでもやっぱり暮らしぶりは違います。

場所:大阪市東成区 家賃:60,000円 間取り:2DK  カリグラシ歴:2年1カ月 年齢:30代


生まれも育ちもここ東成区。実家も近くにあるけれど、森之宮の1Kでひとり暮らしを6年ほどしてから、友人の部屋の隣が空いたのですぐに引っ越して2年が経ちました。
ちょっとした棚などのDIYと整理整頓が大好き。デッドスペースを見つけると、キュっと整えたくなるそうです。壁や柱を痛めずいかに活用するか。絶妙な賃貸暮らしのアイデアが部屋のあちこちに隠されています。
取材時はカフェの店員として働きながら職探し。この記事が出る頃には新しい仕事に就いています。それにしても、食器の数が多過ぎやしませんか。

「棚、たわんでるんですよね」

「棚、たわんでるんですよね」

「料理が好きなんですねって言われるんですけどね。
違うんですよ。全然できないんですよ。
料理好きではないんですよ。器好きなんですよ。
ね、油も鍋も小さいでしょ」

「料理が好きなんですねって言われるんですけどね。
違うんですよ。全然できないんですよ。
料理好きではないんですよ。器好きなんですよ。
ね、油も鍋も小さいでしょ」

「整理整頓は素早くはできないんですよ。
自分のペースでのーんびり片付けるのが好き」

「整理整頓は素早くはできないんですよ。自分のペースでのーんびり片付けるのが好き」

「何か買うときは一回では決めないです。
気持ちだけまずは持ち帰る」

「何か買うときは一回では決めないです。気持ちだけまずは持ち帰る」

「スズメが毎朝来て、呼ばれます。
それから洗濯をするんです。
冬は指がちぎれそうになりますけど、
日当りがいいから気に入っています」

「スズメが毎朝来て、呼ばれます。それから洗濯をするんです。
冬は指がちぎれそうになりますけど、日当りがいいから気に入っています」

写真・文:平野愛

実家を出てから、みんなどんな暮らしをしているんだろうか。好きなものに囲まれて暮らす「ひとり暮らし」の風景を、憧れ目線で写真家が訪ねては写真におさめていきます。

 

カリグラシコレクション

どんな部屋でどのように暮らしているのか。間取りも家賃もとにかく気になるー! というわけで、いろんなタイプの賃貸住宅に住まう女性の部屋をセルフ撮影いただいた写真を通して拝見します。