ひとり暮らし憧れ
会社員Nさんの2LDK団地

# # # # # #

場所:兵庫県西宮市 家賃:100,400円 間取:2LDK カリグラシ歴:8年半 年齢:40代


26歳で結婚。実家を出てから2階建てアパートでの生活を経て、UR団地に出会ったNさん。そもそもは義父母の物件探しに来ていた時に、扉を開いてすぐに感じた光と風。「いいな。ここに住みたいな」と自分たちの引っ越し先として即決。
 
……「まさか自分がね…」とNさんが言う、思いがけないひとり暮らしのはじまりだったにもかかわらず、今回、撮影のために部屋へと迎え入れていただきました。空を見上げなくても前に空が見える南向きの窓。カーテンなし。エアコンもなし。あるのは大量の本と漫画の入った書架。そこには夫のTさんとの思い出が、ぎっしりと詰まっていたのでした。

「こうしてね、
駅の花屋さんで自分の好きな花を買ってくるのが日課。
結婚20周年という手前でね、
病気して、亡くなって、7カ月になるかな」

「こうしてね、駅の花屋さんで自分の好きな花を買ってくるのが日課。
結婚20周年という手前でね、病気して、亡くなって、7カ月になるかな」

「まさか自分がこんなに早くひとり暮らしをするなんて…
思ってもみなかったなぁ。
この7カ月はあっという間だったようにも思うし、
そうとも思わないし」

「まさか自分がこんなに早くひとり暮らしをするなんて… 思ってもみなかったなぁ。
この7カ月はあっという間だったようにも思うし、そうとも思わないし」

「この家に残ったのは、
彼の大量の本と漫画だったのね。
しかも積み上がって、
何があるのかさえよく分からない状態で。
だったらいっそ全部整理してやろうと思ったの。
知り合いの大工さんに頼んで、
書架まで作ってもらってね。
これ全部、釘一本も使わず固定されてるの!」

「この家に残ったのは、彼の大量の本と漫画だったのね。
しかも積み上がって、何があるのかさえよく分からない状態で。
だったらいっそ全部整理してやろうと思ったの。
知り合いの大工さんに頼んで、書架まで作ってもらってね。
これ全部、釘一本も使わず固定されてるの!」

「わたしの本はこの一角だけ。
彼は毎日本屋に行ってたんじゃないかな。
娯楽のポータルサイトみたいな人だった」

「わたしの本はこの一角だけ。彼は毎日本屋に行ってたんじゃないかな。
娯楽のポータルサイトみたいな人だった」

「彼が面白いから、わたしはそれで十分だったのよね」

「彼が面白いから、わたしはそれで十分だったのよね」

「ひとり暮らしになると、いろんなものが小さくなるの」

「ひとり暮らしになると、いろんなものが小さくなるの」

「人が来てくれたら毎回カレー。
ひとりだとなかなか作らなくなるからね。
ここには気が済むまで住んで、
それから先は、また考えようかなって思う」

「人が来てくれたら毎回カレー。ひとりだとなかなか作らなくなるからね。
ここには気が済むまで住んで、それから先は、また考えようかなって思う」

「やっぱり一緒に食べると、楽しいね」

「やっぱり一緒に食べると、楽しいね」

写真・文:平野愛

実家を出てから、みんなどんな暮らしをしているんだろうか。好きなものに囲まれて暮らす「ひとり暮らし」の風景を、憧れ目線で写真家が訪ねては写真におさめていきます。

 

カリグラシコレクション

どんな部屋でどのように暮らしているのか。間取りも家賃もとにかく気になるー! というわけで、いろんなタイプの賃貸住宅に住まう女性の部屋をセルフ撮影いただいた写真を通して拝見します。