with
ANI(ラッパー)、セク山(DJ)
around
河原町~丸太町~西陣団地〈京都市〉

# # # # #

ひきつづきスチャダラパーのANIさん、セク山さんと散歩です。今回は京都御所の南側を西へダラダラっと。いうなれば、もう余談しか許さぬ状況です。ザッツ散歩。

#1 はこちら

#02

寺町のお茶/京都御所/路上の灰皿/一服中に見る景色

—さて、御池通りを渡って、このまま寺町通りをまっすぐ行きましょう。このあたり古くからのお店も健在ですが、新しいお店もちらほら。

ANI:東京でいえば、水天宮前の感じかな?

セク山:そうかもですね。

ANI:水道橋とかのあたりかな。あ、あそこに「一保堂」がある。

—入りましょうか。こんにちは。

セク山:わ、すごい。

—ANIさんはお茶好きですよね。

ANI:こだわりあります。やっぱり静岡産のお茶が好き。渋味と苦味が強い、フレッシュなやつが好き。

—試飲させてもらいましょうか。

ANI:これ、おいすぃ~!

セク山:(笑)。

ANI:最近「一保堂」の水出しは毎日飲んでる。

—今度、ANIさんプロデュースでお茶を作るのはどうです? ANI茶としてライブ会場で販売するとか?

セク山:それ面白いですね。

ANI:やりたいけどねぇ。

—期待してます。このまま北上しましょう。

ANI:この建物、すごい古いけど郵便局?

—切手の販売をされているようですね。

ANI:なんかすごいな。京都だなぁ。

—京都御所が見えてきました。

ANI:御所は前に来たことある、犬連れて。ここはタダで入れるでしょ?

—ですね。なぜです?

ANI:京都なのにお金取らないんだ、ってびっくりした。だいたい京都のお寺とかお金がいるでしょ。しかもけっこう高いし。

—セク山さんは来られたことあります?

セク山:20年前くらい、ダンサーをやってたときに来ましたね。

ANI:踊りに?

セク山:観光ですね。このお店は?

—古道具屋さんですかね。古いそろばんがたくさんあります(そろばんをはじき始めるANI)。ANIさん、そろばんできるんですか?

ANI:できるよ! 学校で買わされて習ったし。足し算くらいはできるよ。まぁ消費税とかの計算は無理だな。

セク山:ちょっとタバコ休憩してもいいですか?

—はい。近年、街で吸える場所が少なくなってますよね。こういう灰皿も減ってる気がします。

ANI:分煙だよね。うちのマンションでも夏はベランダでも吸っちゃいけない。だから廊下、というか半分外で吸ってる。そこにすごいクモの巣があって。葉っぱをくっつけてみたりしてる。セミもすごい入って来るのよ。勝手に入ってきて、勝手にひっくり返ってるの。

セク山:セミファイナル。

ANI:(笑)

セク山:あれ、足が閉じてると死んでる、開いてると生きてる、らしいです。

ANI:へー。

 

小さい街が好き/西陣の町家/横浜っぽい風景/チャーハンにチャーハン

—おふたりともライブやDJなどのお仕事で全国各地を訪れる機会が多いと思うんですが、必ず行きたい場所ってあります?

ANI:レコード屋、かな。

セク山:ぼくは純喫茶とパン屋、ですね。

—セク山感がないですね。

セク山:たしかに女子っぽいというか、そのイメージはあんまり出したくないところ(笑)。あとはカレー屋かな。

ANI:市場とかも行きたい。九州の小倉にある古い市場が楽しいよ。やっぱりデカい街より小さい街が好き。

—なぜです?

ANI:今、だいたい新幹線が停まる大きな駅には量販店とかが多くて、おんなじ感じになってるじゃん。便利っちゃ便利なんだけど。

—あるといいながありすぎる、と。そういえば、先日のフジロックへの出演、小沢健二さんとの「今夜はブギー・バック」はかなり盛り上がったそうですね。

ANI:ロックしました! でも、イヤモニ付けてるからお客さんの歓声とかほとんど聞こえないし、演ってる側としては大丈夫だったのかな?って。小沢(健二)くんもそれ言ってたね。

—耳がふさがれてて、目の前の音が聞こえないんですね。

ANI:そう。でも、もしそれが無かったらお客さんに飲まれてたかも(笑)。圧を支えきれなくなってるかも。みんなの思い! 支えきれないヨ!みたいな。

—なるほど(笑)

セク山:これはカラオケ? カフェ?

—「ドレドレド」?

ANI:ナイトチャージって貼り紙があるから夜はスナック?

セク山:チャーハン、とか書いてそうな、中華屋っぽい感じの手書きですね。

—たしかに。さて、烏丸丸太町までやってきました。学生の姿も多く見かけます。夕方だからかな。

ANI:前に京都に住みたいと思って。西陣の町家を見に来たこともあるよ。

—ほんとですか?

ANI:うん。結局、住まなかったけどね。この通りは? か、ま、ん、ざ。

—ですね、釜座通。その昔、この通りの三条あたりには茶釜を作っていた鋳物職人が集まっていたそうです。

セク山:なんか横浜っぽい風景だなぁ。

—どのあたりです?

セク山:うーん、道の広さかな。あと歯医者が多いところ。場所にも寄りますけど、横浜って歯医者が多い印象です。

—へー。そういえば、おふたりは今夜、DJをされるわけですが、使用するのはレコードですか?

ANI:パソコンで。パソコンDJ。

セク山:ぼくはCDとUSB。曲の管理はパソコンでやってますけどね。CDがいちばんレスポンスが早いから。

ANI:そういうことか。パソコンいいんだけど、やっぱり精密機械だから大切に扱わないと壊れるし。酔客を相手にするからね。ビールを持って(DJブース前に)来るのはほんとヤメてほしい(笑)。

セク山:(笑)ちょっとビビりますよね。

ANI:盛り上がってくれるのは嬉しいんだけど。その点、レコードの方が雑に扱ってもなんとかなる! っていうのは良かったりするよね。でも重い。

セク山:レコードは重い。

ANI:パソコンはすげえ(たくさんの)曲を持っていける。まぁ、一長一短ですよ。

セク山:お、「チャーミングチャーハン」。

—チャーハンがメインのちょっと変わった中華料理店です。

ANI:(メニューを見て)100円でライスがチャーハンに変えられますよ!

セク山:チャーハンセット頼んだら、チャーハンにチャーハンが付いて来るという。すごい。

 
ANIさん、セク山さんとの「さんかつ#03」

次回は西陣の団地へ、のらりくらりと参ります。もう、このユルいムードにやられちまいそうです。さすがはスチャダラパーの“イキフン”担当。お楽しみに。


散歩と観察とは

デザイナー、アーティスト、建築家といった、独自のまなざしを持つ方々といっしょに町を歩きます。お題は、パブリックなモノやコト。公園、ベンチ、駅、図書館、路地、空き地、看板などなど、その観察眼はどこへ向けられるでしょうか。