廃墟本が揃う本棚。サンゴは学生時代につくったもの。

前の職場に飾ってあったシロナガスクジラの置き物、その前には流木。

赤いハートの時計も学生時代の制作物。

一方、男性の部屋は和室。もらってきた社長の椅子をパソコンチェアに。快適な座り心地。

黒いもの、アーミー系、カモフラージュ柄が好み。

20年ほど前に2脚買ったというイームズのシェルチェア。鏡はIKEA。

ラットフィンクや「AKIRA」など、トイ好きでもある。

喫煙はサンルームで、が約束だったが、いつしかパソコン前が当たり前に。

サンルームは大阪夜景の特等席でもある。「ちょっと旅館ぽくしたかった」。

Journal Dとは

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。